技術相談 - 施工に関するご相談にお答えします

  1. 梶川建設 HOME
  2. パイラー事業部
  3. 技術相談
  4. II・III・IV型鋼矢板の施工可能な高さについて

※質問をクリックすると質問の詳細がご覧になれます。


この質問への回答

  • No.008 [2010/04/12(木) 13:59]
    地盤によりますが、単独圧入又は、ウォータージェット併用で施工できる条件では最小1.55m で施工できます。例えば橋桁の下などでは、橋の防護でクリアランスが狭まる場合もありますので注意願います。その他の条件は検討させて頂きます。

返信する

お名前 (全角)例:山田太郎
メールアドレス (半角英数字)例:name@example.jp
回答内容


※ボタンは一度だけ押し、画面が切り替わるまでお待ちください


<前のページに戻る


コンサルタント・技術者のみなさま、設計段階からお気軽にご相談ください


コンサルタント・技術者のみなさま ご相談はこちらから


工法一覧
ジャイロプレス工法
硬質地盤クリア工法
上部障害クリア工法
ノンステージング工法
液状化抑止工法
ハット形鋼矢板圧入工法
鋼管矢板圧入工法
ゼロクリアランス工法


このページのトップへ