圧入・パイラーの梶川建設 - 従来では施工困難な特殊環境下での鋼矢板圧入作業を行います

  1. 梶川建設 HOME
  2. パイラー事業部
  3. 圧入・パイラーの梶川建設
  4. 硬質地盤クリア工法

硬質地盤クリア工法

 NETIS登録番号:CB-980118-A NETIS登録番号:CB-980118-A


■工法概要

玉石混じりの砂礫層や岩盤などの硬質地盤に鋼矢板を打設する場合、掘削機と杭打機の2種類の大型機械を用いて作業を行うのが一般的ですが、この工法では工期・工費に問題があり、環境への悪影響も甚大、安全性にも難点があります。
そこで、これらのマイナス面をすべて克服すべく開発されたのが「硬質地盤クリア工法」です。鋼矢板をオーガを連動させながら圧入することで騒音・振動を最小限に抑え、圧入機本体も軽量・コンパクトなので周囲への威圧感もなく高い安全性を誇ります。
また、従来工法では困難とされた傾斜地や水上での施工も可能となり、システム技術による仮設レス化で環境負荷を大幅に低減させました。


  • ■圧入の優位性
    ●無振動・無騒音
    ●転倒しない
    ●圧入機本体は軽量・コンパクト
    ●杭の支持力を確認しながら施工できる
    ●高精度の施工ができる

    ■芯抜き理論(圧入とオーガの連動)
    圧入とオーガ堀削を連動させた当社独自の「芯抜き理論」により、圧入の優位性を損なうことなく、硬質地盤への圧入を実現

    多くのメリット
    ●玉石・礫を含む地盤や岩盤などの硬質地盤への圧入ができる
    ●従来工法の杭打機のような転倒の危険や威圧感がない
    ●圧入機本体は軽量・コンパクトで、狭い場所や傾斜地でも施工可能
    ●堀削は最小限に抑えるため排土量は極めて少なく、
     強固な杭連続壁を構築できる
    ●独自のシステム施工技術により、環境負荷の少ないグリーン工法を実現

■硬質地盤クリア工法の特長

  • 硬質地盤クリア工法は、
    「建設の五大原則」をバランスよく満たした工法です。


    いかなる建設工事も、国民から見て公正で妥当なものでなければなりません。当社では、国民の視点に立った建設工事のあるべき姿を、環境性、安全性、急速性、経済性、文化性の五つの要素に集約してこれを「建設の五大原則」と定め、機械・工法開発の原理原則としています。

  • 【環境性】 工事は環境に優しく、無公害であること
    ●静荷重による圧入方式のため、騒音や振動などの建設公害を発生させない
    ●圧入機本体は軽量・コンパクトであり、工事の影響範囲を最小限にとどめる
    ●システム施工技術により仮設工事を一掃し、環境負荷を極小に抑える
    ●オーガ堀削は最小限に抑えるため、排土量は極めて少なく環境に
     悪影響を与えない

    【安全性】
    工事は安全かつ快適で、工事自体が安全の原理に適合していること

    ●完成杭をしっかりとつかむ機構のため、圧入機本体は小さく転倒の
     危険性がない
    ●オーガと杭は独自のチャッキング機構で固定されており、高い安全性を保持
    ●操作はラジコンで行うため、安全な場所から操作

  • 【急速性】 工事は最短の時間で完了すること
    ●システム化した機械・装置で合理的な施工ができるため、
     工期を大幅に短縮
    ●コンパクトな機械・装置なので、複数機を同時に投入して工期を大幅に短縮
    ●規制の厳しい地域や夜間でも、工事時間帯の制約を受けずに急速施工

    【経済性】
    工事は合理的で新奇性・発明性に富み、工費は安価であること

    ●機械・装置のシステム化で仮設工事を一掃し、工費を大幅に削減
    ●システム化された工法のため現場作業者は最少人数で済み、経費を削減
    ●コンパクトなシステムのため、交通渋滞などで都市機能を麻痺させない

  • 【文化性】
    工事は高い文化性を有し、完成物は文化的で芸術性に溢れていること

    ●現場条件に最適の機械・装置によりスマートな施工を実現
    ●杭表面に化粧材を施すことで、景観と調和した文化的な構造物を構築
    ●圧入原理の優位性により、高精度・高品質の美しい壁体を構築




コンサルタント・技術者のみなさま、設計段階からお気軽にご相談ください


コンサルタント・技術者のみなさま ご相談はこちらから


工法一覧
ジャイロプレス工法
硬質地盤クリア工法
上部障害クリア工法
ノンステージング工法
液状化抑止工法
ハット形鋼矢板圧入工法
鋼管矢板圧入工法
ゼロクリアランス工法


このページのトップへ