梶川建設ロゴ

ENTRY

CROSS TALK女性社員座談会
梶川建設で働く女性社員は、どんな想いで働いているのだろうか。
入社のきっかけや、梶川建設での働く環境や一緒に働く人について、
ホンネで語り合ってもらった。

土木部岡村優子

管理部鈴木 恵美子

パイラー事業部塚中 翼

入社のきっかけを教えてください。
岡村 前職が自動車業界の現場事務で、プライベートの時間が全然なかったため、「もう少し自由に働きたい 」と思い、イメージに合った梶川建設に転職しました。
鈴木 前職が図書館で、土日祝日全て仕事でした。
子育て中だと非常に働きにくく感じていたところ、梶川建設が春夏は土日休みなので、働きやすそうだと思い転職しました。
新卒で入社された塚中さんが梶川建設を選んだ理由をお伺いします。
塚中 はい。大学時代にまちづくりについて学んでいたので、それが入社のきっかけでした。
それに、100年以上続くこの会社の実績にも惹かれました。
男性が多い職場というイメージがあったと思いますが、
入社前後で、イメージは変わりましたか。
鈴木 良い意味でギャップを感じました。意外でしたね。
岡村 やっぱり、建設会社なのでガサツで恐い人ばっかりだと思っていたんです。
男ばっかりだし。でもいざ入ってみたらみんな優しかったです。
鈴木 そう。それは私も思いました。本当にみんな優しいんです。
自分が持っていた建設会社のイメージとは違いました。
良い意味でギャップがあったのですね。
実際に働いてみて、具体的に良かったポイントや、女性が働きやすいポイントはありましたか?
鈴木 気楽に働けるよね。
岡村 産休取得に関しても、文句などは何も言われないと思います。「どんどん使ってもいいよ」と言ってもらえる雰囲気だから。有給も取りやすいよね。
鈴木 はい。「なるべく休んで」って言う会社なので。
各部署の人間関係で、良い所を教えてください。
岡村 誰か落ち込んでいる人がいたら、「飲みに行こうか」という話になります。
みんな、人の変化にすごく良く気がつくんですよ。人の気持ちを読める人が多いですね。
たぶん、それが仲のいい理由だと思います。
鈴木 私のいる管理部の部長は社長の奥さんなのですが、私たち2人とも近い年頃の子どもがいるんです。だから、子どもが急に病気になったときや、学校の用事の際には「休んでもいいよ」と言ってくれます。そうした心遣いはありがたいですね。
塚中 私のいるパイラー部は、仲が良いですね。飲み会とかもよく開いています。
私のような下の立場の人間としては、分からないことも聞きやすい環境だなと思います。
新卒で入社する方に向けて
梶川建設のおすすめポイントを教えて下さい。
鈴木 男女関係なく、やりたいように仕事をさせてくれる点が、この会社はすごく強いと思わない?最大のポイントだと思う。
塚中 確かにそうですね。
鈴木 中小企業らしく、「じゃあ、やってみたら?」という雰囲気があるんです。
岡村 自分の意見が通りやすいですよね。
社長はみんなのアイディアが欲しいと考えているみたい。
鈴木 頭ごなしに「ダメ」とは言われないよね。
岡村 「やってみたら?」と言ってくれるので、こちらとしても意見を言いやすいです。
どういう女性に向いている職場だと思いますか。
鈴木 この会社は、サバサバした女性が多いよね。
岡村 1人でも自由にできるし、みんなで集まりたいときは集まって喋りますね。
自由に働きたい、サバサバとした女性には向いていそうですね。
鈴木 女性のドロドロが嫌いな人は是非!来てほしいですね。
塚中 私の周りにも人間関係に悩んでいる友達もいるんですが、私は女性社員内の人間関係で問題を感じたことはないですね。
入社1年目なのに、こうして気軽に笑って過ごせています。そのくらい、私から見ても話しやすい方ばかりです。
では、未来の新入社員に向けてメッセージをお願いします。
鈴木 えー!特に思い浮かばないです。
塚中 リクルーターとしてお願いしますよ。
リクルーターってなんですか?
岡村 リクルーターは、いろんな採用活動の場に全て行きますよね。合同説明会も、会社説明会も行くんです。選考まで全部です。
鈴木 岡村さんは、すごい人だと思う。現場もやりつつ、事務もやりつつ、出世が見えて当然の能力を持っているんですよ。出世街道、上れ上れ!
岡村 見えてないですよ(笑)
鈴木 この子は絶対上り詰めますので!
岡村 やだ、絶対やめて!(笑)

OTHER VOICE

磯貝
岡村
梶川
塚中
社長メッセージ
女性社員座談会