梶川建設ロゴ

ENTRY

VOICE社員の声
磯貝

現在、どんなお仕事を?建設事業部の建築部という部署にいます。まだ入社4年目ということもあり、あまり多くの現場には関われていないんですが、これまでは学校の建設に関わったりしてきました。今は市営住宅の現場に携わっています。現場ごとに計画を立てて進めているかたちです。使っている道具が多く、用途も様々なんです。ある現場では使うけれども、今度の現場ではそれが使われていないということもあります。それぞれの理由があり、やりがいがあって楽しい現場です。
まだ役職などは無いのですが、今は、現場で上司や先輩に教わりながら覚えていくことがたくさんあると感じています。成長途中ということですね。

磯貝

入社のきっかけは?もともと祖父が大工の仕事をしていて、その仕事ぶりを実際に見ることはなかったんですが、芸術やものを作ることが好きでした。そのため、本当は自分も現場の管理よりも大工さんの仕事の方に興味を持っていたんです。直接のきっかけは、大学の学部での勉強でした。なんらかの形でそうした仕事に携わろうと思っていたので、大学も建築学科にしたんです。高卒なら職人、大卒なら現場監督となるのが一般的な業界ですが、梶川建設では、やる気さえあればどちらも選択する事が可能です。そこで僕は現場監督を選択しました。
梶川建設を選んだきっかけは、住んでいる場所が近かったのもあり、この大好きな地元に貢献していきたいと思いました。何よりも地元の優良企業ということで有名だったこともあり入社を決めました。

磯貝

現在のお仕事で、
面白さを感じた瞬間は?
建築の仕事では、色々な職種の方と関わる機会があるんです。基礎を作っている土工の方もいれば、仕上げを担当される方もいます。建築の工事だけではなくて、電気屋さんや設備屋さんとも関わっていきます。そのように色々な業界の方と仲良く協力して、1つの仕事を形にしていくのです。工程の中で様々な方とお話をすることがあるので、そこで新しい知識が入ってきますし、その人それぞれの人間味が分かるのもこの仕事の面白さだと思います。関わっていく中で、「この人はこういう人なんだ」と感じられる瞬間があるので、そういう発見があると面白いなと思いますね。梶川建設に入社して、世界が広がったと思います。

仕事で大切にしていることは
なんですか?
現場監督なので、いろんな作業の工程の中で、とにかく怪我をしないように心がけています。怪我人を出してしまうのは、とても責任の重いこと。とにかく怪我がないようにということを一番大切にしています。トラブルや事故を防ぐことが絶対なんです。
他にも、人と話をしていると「以前はこうだった」という話を聞くことができ、それが役に立つことも多いです。そのため、コミュニケーションをとることも大切にしています。自分は今の技術しか知らないので、他の人から昔のやり方や経験を聞いて勉強することが大事です。

どんな学生時代を過ごしましたか?先生と話をする機会を多く持とうと考えていました。サークルではバスケットボールをしていました。大学で一番最初にできた友人がバスケットボールをしていたんです。そこから、違う学部、学科の人とも交友関係が広がりました。大学ではそこのメンバーとずっと一緒にいたので、バスケットボールをやっていて良かったと思います。

これから就職する人へ
メッセージをお願いします!
自分自身、昔からものを作るのが大好きだったので、同様に、1つのものを作ることが大好きな方には向いていると思います。自分が現場に入って、着手する前から完了まで見させてもらったとき、こんなにも達成感が得られることはこれまでなかったなと思いました。1年目の現場だったので、そんなに大したことはしていないのですが、建っていく段階を見ていくだけでもこんなに楽しいのかと驚きました。だからこれまで建築に携わってこなかった人でも、もの作りが好きならば是非この業界にチャレンジしてほしいですね。

OTHER VOICE

磯貝
岡村
梶川
塚中
社長メッセージ
女性社員座談会