梶川光宏

ttl-message社長メッセージ

家族のような共同体として
一緒に事業に取り組んでいきたい。
代表取締役梶川 光宏
トップ > 社長メッセージ
梶川建設を一言で言うと、どんな会社でしょうか。

社員である仲間の顔がお互い見えて、しっかりと意思疎通が図れる会社です。そこは大企業とは違う、中小企業のメリットでもあります。そういった所を大事にしていきたいので、単なる経営者と社員ではなく、むしろ家族のような共同体として一緒に事業に取り組んでいきたいのです。だからこそ、会社内の事業についても公開しています。みんなで感覚を共有して、一緒に成長していきたいですね。
例えば、これまでは利益面などの経営的なことをあまり社内で共有できていませんでした。そこで、あえて毎月の出来高や利益などの情報をオープンに掲示するようにしました。一人一人の社員の皆さんにも一緒に会社の経営に携わってもらいたいと強く期待しています。

対外的に誇れる持ち味はどういう技術でしょうか。

多くの会社がある建設業界の中で、我が社の特徴はパイラー事業部の技術の高さだと思います。都市部などでの限られた時間とスペースの中で、できる限りインフラを止めずに工事を行なわなければいけない場合があります。そのように制約・条件の多いところでは、我々の保有している機材やノウハウを駆使して、日々の生活を止めることなく工事を実践できるのです。
現在は東京を中心とした関東周辺で行なわれる大型プロジェクトの一部に採用され、他にはない私たちの技術が信頼され、私たちの技術の良さをみなさんに提供させて頂いています。 そして未来への布石として、来年くらいには海外展開も現実化するでしょう。特に東南アジアなど発展途上国のインフラ整備を予定しています。

梶川社長
どんな学生に来てほしいですか。

これまでの採用活動では、工学部などで建設系の勉強をしてきた方に来て頂いていましたが、昨今はそこにこだわらず、やる気や意欲を持った方に加わってほしいと考えています。求めているのは、学部に関係なく、志なのです。 特に我々が携わる建設というものは、生活基盤として無くてはならない産業であり、人々が生きていく上で必要なライフラインを担っています。これまでの常識にとらわれることなく、新しいことにチャレンジしていくバイタリティのある方に仲間として加わってほしいですね。
採用においては、男女も問いません。建設業界は男性社会のイメージが強いかもしれませんが、女性の力も建設に積極的に取り入れたいと思っています。様々なサービスを行なう上で、特に重要なのは第三者への配慮です。それは仕事を行なう上で、お客様と我が社以外にも、建設とは切っても切れない一般の住民の方々が多くいらっしゃるからです。そのため、そういった感性なども、梶川建設のサービスに盛り込んでいきたいと考えています。

最後に一言お願い致します。

新たな仕事に就くという意味で、人生の岐路に立つことになるでしょう。 今までのことは今までのこととして、これからゼロからスタートして頂くということで、とにかく積極性をもち、様々なことにチャレンジして、新たな自分自身を形成するために身を投じてもらいたいですね。
本当に我々はみなさんを快く受入れさせて頂きますし、しっかりとフォローしながら導き、一緒に会社を盛り上げていく仲間として共に成長していきたいと思っています。 是非、「我こそは!」とやる気に満ちた方のエントリーをお待ちしております!

梶川社長
梶川社長
エントリーする