project 世界に誇る技術で取り組む、梶川のプロジェクト
}
トップ > 世界に誇る技術で取り組む、梶川のプロジェクト
ジオパワーシステム

建築部では、地中熱を利用した基礎空調を行うGEOパワーシステムを使った、環境や体に優しい住宅造りを行っています。5年程前に取り入れを開始し、今梶川建設で力を入れているプロジェクトの1つです。

GEOパワーシステムは、地中に埋め込んだパイプの中の空気を地熱で熱循環し、その空気を住宅内に送り込みます。 地中熱は年中一定の気温に保たれているため(15度前後)、エアコンに頼らず、夏は涼しく、冬はほんのり暖かい住環境を保つことが可能です。

現在、このGEOパワーシステムを取り入れた住宅「風の井戸」の建築を進めています。 風の井戸は、環境や人に”優しく”、見た目が”可愛く”、地中熱を利用した”エコ”な、新しい建築として、メディアにも取り上げられました。 こういった新しい要素を建築に盛り込むことにより、建設業の既存のネガティブなイメージを、脱却していきたいと考えています。

パイラー事業部の海外展開

弊社は、パイラー事業を行うための「GM1」という認証技術をもったグループに、国内で3番目に取得・所属し、国内有数の施工実績を保持しています。

「GM1」とは、技研製作所によって提案力・技術力・管理力の高さを認証された圧入のスペシャリスト集団です。 GM1ではパイラーという機材を使用した圧入の技術を世界に広げるため、2017年に第1弾として、JICAがバングラディッシュに行きます。 弊社は、第2弾として、東南アジアの発展途上国のインフラの整備に行く予定です。

また、2020年のオリンピックを機に、国内の建設工事数が少なくなることからも、海外展開は、梶川建設で最も重要なミッションと考えています。 そのため、就職活動をされている学生さんで、海外に行きたい!という方に対しては、ぜひ弊社としても一緒に仕事を出来ればと思っています。

ダイバーシティーマネジメント

ダイバーシティーマネジメントとは、多様な人材の雇用や勤務を可能とすることを意味しています。弊社では、その中でも「女性の採用」に力をいれています。 建設業界は、女性が非常に少ない業界です。実際弊社でも、女性社員は約1割程度で、ほとんどが管理部門に所属しています。

しかし、梶川建設では、現場で活躍する”建設に携わる女性”を増やしていきたいと考えています。 一昔前は、建設の現場は、力仕事も多いという点で、女性にとって働きづらい環境であったため、一般的に男性が多い業種と言われていました。

しかし、近年では機械化が進み、力仕事よりは、考える仕事が増え、女性が働ける環境が少しずつ整ってきました。今後、多くの女性が現場で活躍することを目指しています。

また、性別だけでなく、文理や地域等、異なるバックグランウドを持つ人がいることで、様々な角度から仕事を考えることが可能になったり、今までなかった新しい提案をお客様にお届けできるかもしれません。建設に様々な人が携わることは多くのメリットが生まれると同時に未知数の可能性を秘めていると考えています。

エントリーする