next100 NEXT100チャレンジ
}
トップ > NEXT100チャレンジ

デジタル・テクノロジーで、
業界、暮らし、働き方に革命を。

Uberが、モビリティ業界に
変革をもたらしたように。
Airbnbが、暮らすような旅を
普及させたように。
Amazonが、店舗ではなく家での買い物を
日常化したように。

デジタル・テクノロジーは、
これまでの業界、ビジネス、暮らし、
そして働き方をも変革してきました。
そんなデジタル・ディスラプションの波は、
今、建設業界にも押し寄せています。

明治38年、造船所として創業し、
100年という時代のニーズの変化に合わせ、
柔軟に進化し続けてきた梶川建設。

そんな梶川建設は、今、
前例のない新たなステージへ、
挑戦しようとしています。

古くから業界にまとい付く
「きつい、汚い、危険」という3Kイメージをなくし、
これまでにない働き方を提案し、
これまで以上に豊かな暮らしを届ける。

業界のどこよりも早くデジタルの力で、
梶川建設に革新を。
建設業界に革命を。

私たちの眼差しは、
次の100年を見つめています。

NEXT100チャレンジプロジェクトNEXT100チャレンジプロジェクト

  • challenge 01
  • challenge 02
  • challenge 03
  • challenge 04
梶川建設
×
アソビシステムコラボ
challenge3

業界イメージを3KからKawaiiにチェンジ!?

きゃりーぱみゅぱみゅさんや、三戸なつめさんが所属する「アソビシステム」という会社を知っていますか? ”HARAJUKU CULTURE”をキーワードにファッション・音楽・ライフスタイルといった日本の『Kawaii』を発信している会社です。

梶川建設は、そんなアソビシステムとコラボし、様々なプロジェクトを発信しています。 「Kawaii」をテーマに、パンフレットと企業スローガン、ロゴを刷新したり、会社説明会にアソビシステム代表の中川さんを招待したり。建設会社が絶対にやらないようなコラボをお見せします。

challenge1
チャレンジストーリー

プロジェクトに参画するメンバーの思い、伝えたいこと。

梶川建設
×
EC事業
challenge1

世間を賑わすヒット商品を生み出せ!

モノが溢れるこの時代に、自らの手でヒット商品を生み出せたら、おもしろいと思いませんか? そこで、代表の梶川が新たにEC事業を立ち上げました。 新卒メンバーも参画し、アイデアを練っているところです。日本屈指のヒットコンテンツメーカー渡辺和俊氏もアドバイザーとしてチームにジョイン。建設業界は、建設だけじゃない。100年の歴史をもつ梶川建設の新たな挑戦から、どんな商品が誕生するのか、どうぞお楽しみに!

challenge1
チャレンジストーリー

プロジェクトに参画するメンバーの思い、伝えたいこと。

梶川建設
×
ユニフォームリニューアル
challenge1

地味な「作業着」から、
スタイリッシュな「ユニフォーム」へ。

3Kのイメージを払拭し、働く人にとって楽しい環境へ。 入社3年目の女性社員、塚中翼が中心となって、新しいユニフォームづくりを始めました。地味で汚れている”作業着”から、スタイリッシュでおしゃれな”ユニフォーム”へ。建設業界のイメージの刷新を狙います。新しいユニフォームは、近日公開予定!乞う、ご期待!

challenge1
チャレンジストーリー

プロジェクトに参画するメンバーの思い、伝えたいこと。

今後の展望
challenge1

建設現場のIoT化で、
注目の最新フォトスポットに!?

2017年に「インスタ映え」という言葉が流行語大賞に選ばれるほど、おしゃれなフォトスポットは消費者の行動に影響を与え、新たな経済効果を生み出してきました。 そこで梶川建設は、建設現場とインターネットを掛け合わせ、「建設現場」そのもののフォトスポット化を構想しています。

私たちの建設現場が、フォトスポットや屋外広告の場となって、建設現場が、まちに、人に、メッセージを発信する時代がやってくるかもしれません。 建設現場の可能性を探っていきます。

challenge1
エントリーする